とらばーゆ 転職

転職に役立つとらばーゆとは?

とらばーゆとは、リクルート社が1980年に創刊した女性対象の転職雑誌です。

とらばーゆの語源はフランス語で、仕事=「travail」からとりました。

とらばーゆは週刊転職情報誌ですが、ピーク時には32万部も発行されていたんですよ。(現在は10万7000部)

とらばーゆという言葉は、女性の転職を意味するキーワードとして「とらばーゆする!」なんて使われていましたね。

男女雇用機会均等法ができる前は、女性だけを対象にした求人が多数掲載されていましたが、今では男女別採用が基本的にできないので、女性の採用をメインにしている企業情報を掲載しています。

ただ、インターネットで転職情報を探す時代になったので、とらばーゆもリニューアルしなければいけなくなりました。

先日のニュースでは、週刊誌としてのとらばーゆは廃刊となり、転職情報は「とらばーゆ」というサイトで運営していくとのこと。

また、働く女性のためのロールモデルマガジン「月刊とらばーゆ」を新しく発刊します。

リクナビと同様に、ヤフーとの連携が強い「とらばーゆ」ですから、すぐに話題になるでしょう。

とらばーゆという言葉は、これからも女性の転職を表す代名詞として生き残っていきそうですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。